menu

相続の専門家を検索

遺産相続について

waseiさん 2016年2月12日 秋田県

遺産の相続について、家族等血縁関係でなかった場合であったとしても、遺言内容によっては家族以外・血縁者以外でも遺産の相続は行えるのかというのが疑問です。また、その際の相続税等についても疑問です。遺言状がどこまでの範囲で効力をもっているのか、家族関係でのみ有効なのか知りたいとおもい質問させていただきました。

回答日:2016年2月12日

法律上の言葉ですが、相続人以外の人物に遺産を渡すことを「遺贈」と呼び、遺贈は遺言でないと行うことができません。また、遺贈は贈与ですが相続税として課税されます。

以上をふまえて回答しますと、
「遺言の内容によっては~」→Yesです。「相続」ではなく「遺贈」ですが、血縁に関係なく、誰にでも渡すことができます。
「相続税等~」→相続税として課税されますが、基礎控除の計算には遺贈された人物は含まれません。また納税時には2割の割り増し加算がされます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.