menu

相続の専門家を検索

印鑑証明書と戸籍の有効期限

おちゃさん 2016年2月12日 東京都

昨年亡くなった父親の相続の手続きをしに、銀行に行きました。原戸籍と印鑑証明書が必要だと言われ、印鑑証明書は発行してから3カ月以内のものでないと、受付が出来ないと言われました。用意は出来るのですが、それはなぜでしょうか?また、戸籍に関しては有効期限は特にないのでしょうか?聞き忘れてしまいました、教えて下さい。

回答日:2016年2月13日

通常、印鑑証明書は本人確認のために行うものです。大昔の証明書を出しても意味がないとの理由からです。そのため目安として3ヶ月以内のものを要求される場合が多いのです。
原戸籍については、現在戸籍と違って過去の情報なので変更される可能性がない書類のため、特に有効期限はないことのほうが多いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.