menu

相続の専門家を検索

110万円でも贈与税がかかってしまうケースとは

けいちゃんさん 2016年2月14日 東京都

父親からの生前贈与についてです。父も高齢のため、生前贈与をしてくれようとしています。しかし、年間110万円ずつ贈与を受けていても、贈与税がかかる場合があると知人から聞きました。110万円まであれば課税されないはずなのに、そのようなことはありえるのでしょうか?あるのだとすると、どのような場合に課税されてしまいますか?教えて下さい。

回答日:2016年2月14日

110万円ずつ贈与していたとしても、それが一連のものとみなされると(例えば一つの不動産を分割して数年がかりで贈与したとみなされる場合など)課税される事があります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「生前贈与」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「生前贈与」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.