menu

相続の専門家を検索

顔も知らない親せきからの相続について

らんらんさん 2016年2月17日 埼玉県

会ったこともない親族、かろうじて親戚であることは解っている人が亡くなって、何故か私が一番近い血筋らしく相続の話が出てきました。金額的にもどうと言うことのない金額で、放棄してもいいのですが困ったのは、位牌をどうするかなのです。気持ち的にもお位牌と言うのは、放置するべきではないと思っているのですが、こちらで任せていただいても実は後がないので多分どうにもならないと思っています。こういう場合、気持ち的なものはともかく、相続放棄と言う手段を使ってもいいものでしょうか?

回答日:2016年2月17日

らんらんさん初めまして。
らんらんさんが、顔も知らない親戚の方の相続人になられたとのことで、以下ご質問に回答いたします。
亡くなられた方のご位牌ですが、ご位牌は祭祀共用物として相続財産とは一応別個に扱われます。被相続人の方が、遺言等で祭祀財産に関して誰かに承継させる旨の意思表示があればよいのですが、それがない場合は、亡くなられた方がお住まいの地方の慣習に従って祭祀承継者を決めることになります。
その亡くなられた親戚の方の地方ではどのような慣習なのか一度確認してみてはいかがでしょう。
慣習が特になければ、家庭裁判所の調停又は審判で祭祀承継者を決めることにはなります。
また、お気持ち的に例え相続財産がプラスであったとしても後順位に被相続人と同居又は懇意にしていた相続人がいて、自分は相続しなくてもよいとお考えなのであれば、その方に位牌やご仏壇等の管理をお願いした上で放棄なされてもよいのかもしれません。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.