menu

相続の専門家を検索

エンディングノートの書き方とは?

みくさん 2016年3月8日 新潟県

私はもうすでに80歳を超えていますので、エンディングノートなるものを書いて残しておきたいと思っております。
テレビなどでもよくこのエンディングノートが取り上げられていますが、どのように書けばいいのか全く分かりません。
公証役場に届ける必要があるのでしょうか?
詳しいことが知りたいのでぜひよろしくお願いします。

回答日:2016年3月10日

回答者: 匿名 行政書士

①エンディングノートに遺言書の役目(法的効果)はありませんので、公証役場へ届ける必要はございません。
※正式な遺言書を作成するのであれば公証役場・お近くの行政書士等にお尋ねください。
②ご相談者の「お気持ち」・「資産の確認」「その他」諸々を書面として記す場合、エンディングノートは有効な事だと思います。
③市販であれば本屋・パソコンで検索すれば簡易式等もありますので、書き方に拘らず、お気軽な気持ちで取り組まれる事をお勧めします。
④書き直しも自由ですので、現状の気持ちの整理には非常に良いと考えます。
簡易式のエンディングノート(幸せノート)を貼り付けておきます。http://motomura-sgj.com/wp-content/uploads/2014/10/幸せノート.xps

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「エンディングノート」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「エンディングノート」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.