menu

相続の専門家を検索

代償分割の税負担について

東北の星さん 遺産分割協議書 2015年6月2日 宮城県

母が亡くなりました。既に父は亡く子供たち5人で遺産を分けることになりました。預貯金は簡単に分けられましたが、家と土地が残りました。父と母が残したもので建物は古いのですが、土地は場所が良く100坪ほどの広さで更地で買えば3000万円ほど必要かと思います。長男の私が譲り受けますが、皆に500万円ずつ支払うことで話がまとまりました。この場合の相続税の基本的な考え方を教えて下さい。

回答日:2015年6月10日

不動産を相続した人が、他の相続人に対し不動産の代わりの対価として現金等を支払う場合は、代償財産となります。遺産分割協議書を作成してその旨明らかにすればいいでしょう。
相続税の申告等において、長男の相続財産は「不動産の価額ー支払った代償財産の価額」となり、他の相続人は「受け取った代償金」が相続財産となります。

回答日:2015年6月10日

不動産を相続した人が、他の相続にに対し不動産の代わりに対価として現金等を支払う場合は代償財産となります。遺産分割協議書を作成しその旨を明らかにすればいいでしょう。
相続税の申告等において、長男の相続財産は「不動産の価額ー支払った代償金の額」となり、代償金を受け取った相続人の相続財産は「受け取った代償金」となります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産分割協議書」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産分割協議書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.