menu

相続の専門家を検索

生前の兄たちの借金はどうなりますか?

れおれおさん 遺産相続の準備 2015年6月4日 福岡県

現在、父と母、子は兄二人と私の三人います。父が最近入退院を繰り返しているのですが、そばにいない兄たち二人はすこしづつですがお金を父に借りています。10年にわたりそれぞれ一人200万円づつは借りているようで全く返済はしていない現状です。こんな状態で相続になっても均等に私たち子供三人に預貯金は相続となるのでしょうか?父は、遺言書等は残す気力はないようです。

回答日:2015年6月7日

お兄様2名に対する200万は、相続財産として、相続財産に加算して扱われます。
しかしこの200万を、生前贈与と捉えた場合には贈与契約書が、金銭消費貸借と捉えた場合には借用書等が必要になってきます。これらがないと贈与や借金の事実が証明できないので、相続財産に計上することは難しいと思われます。
遺言を遺される気力はないとのことですが、公正証書による遺言は遺言者の体力・気力の負担が少ないので、ご検討されてはいかがでしょうか?

回答日:2015年6月7日

 二人のお兄さんは、それぞれ200万円をお父さんから借りているという状況では、お父さんが亡くなられたときは、その遺産として二人のお兄さんに対し400万円の金銭債権をもっていることになります。したがって、お父さんの遺産はこれらを含めた財産となります。そして、法定相続であれば各3分の1の割合となり、兄弟3人の話合いができる場合には、各自の取り分を自由に定めることができます。また、お父さんが遺言を残しておけば、遺留分の規定に反しない限り、原則としてお父さんの思いどおりの財産の引継ぎをすることができます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.