自動車や家具など、家庭用財産の相続税評価額の計算方法

相続はなにも土地や不動産、現預金等だけではなく、家具や自動車、電化製品などにももちろん及び、相続税の評価もそれに及びます。
テレビ・エアコン・洗濯機などはだれしもが持っているものであります。このような家庭用財産はどのような評価を受けるのでしょうか。
この記事ではこれらの物について取り扱いたいと思います。

家具・自動車などの動産について

家具・自動車や電化製品などの家庭用財産については、売買実例価額、精通者意見価格を参考に価格を評価することになっています。つまり中古市場における相場で評価をします。

売買価格が不明な場合には、その物と同種同様同規格の新品の小売価格から、購入時からの経過年数に応じた価値の目減り分に応じて控除して評価することになっています。

実務の現場から

実際には家財に評価がつくような場合は、自動車に値段がつくような場合ぐらいしかなく、家具・家電やその他財産は、骨董品等の値段がつくようなものでない限り、ほとんど評価対象にされるようなことはないでしょう。むしろ、このようなものについては相続においては遺品整理として費用がかかると考えておく必要があります。

女性のプチ起業/副業におすすめ

ものづくりワークショップを主催して、プチ起業/副業してみませんか?

たったの1年で3000人を集めたペイントパーティーの成功の秘訣をお教えすることで、あなたも未経験・知識ゼロから人気講師になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です