土地を生前贈与した方が節税メリットが大きいケースを解説

土地を生前贈与したい!
もしかしたら生前贈与した方が税金はお得になるのでは?と考えている方もいることでしょう。

この記事では土地の生前贈与をして税金がお得になるのはどんなケースかをお伝えしていきます。
 

賃貸マンションにつかっている土地の場合

現金収入を生み出す土地は生前贈与を検討すべき

現金収入があるとその現金は溜まっていきます。
そのまま、使わずにいるとその現金にはやがて、相続税がかかってしまいます。

現金収入のもととなる土地を生前に贈与しておけば、その土地からもたらされる現金収入はそのもらった人のものとなります。
 

将来に値上がりが確実な土地も生前贈与を検討すべき

近い将来に、値上がりが確実と考えられる土地も生前贈与を検討しましょう。
このときは、『相続時精算課税制度』をつかって、生前贈与をします。

このしくみを使うと、贈与したときの時価で相続税の計算をすることになります。
通常の相続税の計算は相続したときの時価で相続税を計算します。
値上がりが確実なのであれば、時価の安いときに贈与しておくほうが税金がお得になります。

『相続時精算課税制度』にはこちらの記事で詳しくご紹介しております。

相続時精算課税制度をわかりやすく解説
 参考になさってください。

マイホームにつかっている土地の場合

マイホームに使っている土地(居住用の土地)はだれに渡したいか?によって贈与をした方が良いかどうかがわかります。
 

夫婦間の贈与であれば2

女性のプチ起業/副業におすすめ

アートのイベント「ペイントパーティー」を主催して、プチ起業/副業してみませんか?

「好きを仕事に」「低リスク高収益」な大人気のイベントビジネスです。

絵が描けない方も、講師を採用する形で運営できるため、未経験から幅広い方が活躍できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です