menu

相続の専門家を検索

代償分割の遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書 2015年12月16日 閲覧数:1196

代償分割とは、共同相続人のうち1人または数人が遺産を取得し、他の共同相続人に金銭を与える方法です。代償分割の遺産分割協議書の書き方はどのようにすればいいのかを、このページでは解説します。

どのような場合に代償分割を用いるか

代償分割

代償分割は、相続人が複数いるときに、誰かが遺産を相続した分、他の相続人に対して遺産を相続した相続人がお金(代償交付金)を支払うという、遺産分割の方法です。他に、現物分割、換価分割という方法がありますが、詳しくは「遺産の分け方、相続における遺産分割の方法まとめ」を参考にしてください。

代償分割は、家や土地などのように現金に分けづらいものについて、当事者間で釣り合いがとれないときに用いられます。

例えば、家・土地が3,000万、現金が1,000万のような場合には、家・土地を長男、現金を次男という分け方をすると、明らかに釣り合いません。

だからと言って、家・土地を売って現金を分けると(換価分割)、長男がその家・土地に今後も住み続けたいときに不都合があります。

釣り合いがとれなくても皆で納得がいくなら良いのですが、不公平感から揉めていたり揉めそうだったりすれば、この代償分割の方法を用いて争いを回避します。

 

遺産分割協議書に代償分割の明記がないと贈与税がかかることも

それでは、代償分割の際の遺産分割協議書の書き方には、どのようなポイントがあるのでしょうか。

注意するポイントは、代償分割をする旨を遺産分割協議書に書いておかないと、贈与税がかかってしまうことがあるということです。

何も書かずに、現物分割と同じように、単に遺産を決められた相続人に相続し、その後に不公平感を埋めるための現金を支払ったとします。この現金の受け渡しを税務署が知ったときに、この行いを贈与があったとみなされ、これについて贈与税を支払わなければならなくなる可能性があります。

代償分割の方法によることを決めた際にはきちんと代償金の支払いをする旨を遺産分割協議書に書いておく必要があることに注意が必要です。

 

代償分割の遺産分割協議書の作成

具体的な遺産分割協議書の書式を紹介します。

ここでは、長男未来一郎が家を手に入れるかわりに1,000万円の支払いを次男である未来二郎にすることを念頭においています。

先に述べたように、この遺産分割協議書が、代償分割として金銭の支払いをすることを明示するものであることに気をつけて、書面を作成するようにしてください。

             遺産分割協議書
 

被相続人未来一郎(昭和20年7月19日生)の平成27年11月16日死亡により開始した相続の共同相続人である未来一郎、未来二郎の間で次の通り遺産分割の協議をした。

1、 未来一郎は以下の財産を相続する。

所在 東京都●●区●●町
地番 ●番●
地目 宅地
地積 200㎡

所在 東京都●●区●●町●番地●
家屋番号 ●番●
種類 居宅
構造 木造瓦葺平家建
床面積 200㎡

 

2.未来一郎は、第一項に記載の遺産を取得する代償として、未来二郎に対し、金1,000万円を平成28年1月16日までに支払うものとする。

 

平成27年12月16日

東京都●●区●●町●ー●-●
未来 一郎 印

東京都●●区●●町●ー●ー●
未来 二郎 印

まとめ

代償分割は相続人間の争いを避け、かつ残したい財産を残すことができる手段として有効です。

ただし、作成にあたっては十分な合意と確実な書面作成をしないと、贈与税がかかるという落とし穴があることを忘れないでください。

遺産分割協議書の手引きに戻る

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺産分割協議書」に関する他の記事

「遺産分割協議書」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.