成年後見制度の手引き【保存版】|成年後見人に関する疑問を全て解説!

成年後見制度についての一覧です。
成年後見制度概要、法定後見手続き、費用、任意後見契約手続き、市民後見人制度などについて解説しています。

成年後見制度概要

成年後見制度とは?分かりやすく解説

成年後見制度とは、判断能力が衰えた場合に、その衰えを補い、その人を法律的に支援するための制度をいいます。
被後見人が判断能力が衰えた人となります。

法定後見制度と任意後見制度の違いを解説

法定後見は現在、判断能力に問題がある場合の制度

任意後見は現在は問題ないが、将来に備えてつかう制度

 

成年後見人の権限まとめ

包括的代理権と取消権が主な権限です。

だれが成年後見人になれる資格をもっているのか解説

実は成年後見人になるための資格は特にありません。
実態として、成年後見人となっている人は、本人の親族が一番多いです。
その次に司法書士、弁護士、社会福祉士、行政書士と続きます。

 

 

市民後見人制度とは?制度の仕組みや養成講座について解説

  市民後見人制度とは、一般市民がボランティアで後見業務を行う制度をいいます。

法定後見について

法定後見制度とは

物事の判断ができない人のために、その人の権利を守る人をつけることを法定後見制度といいます。
 

後見人、保佐人、補助人の役割の違いを解説

 

弁護士・司法書士による成年後見人の手続き費用目安

弁護士等の専門家に申立書を作成してもらう費用の目安は20万円前後

弁護士等に成年後見人になってもらった場合の費用は最低月額2万円~
 

法人後見とは?分かりやすく解説

  社会福祉協議会、一般社団法人、弁護士法人、司法書士法人などの法人が後見人となることを言います。
 

後見制度支援信託を分かりやすく解説

後見制度支援信託制度の利用開始までの流れの概要は以下のとおりです。
 

 

 

法定後見の手続きについて

成年後見制度の申し立て手続き

 

認知症になった場合の後見人の選任の仕方

本人が取引の正常な判断ができないことにより、
親族などが家庭裁判所へ申立てを行い、裁判所が後見人を選任します。
 

成年後見の申立書の書式について解説

  申立書の記載例、申立て事情説明書の記載例を紹介しています。

 

任意後見制度について

任意後見制度とは?分かりやすく解説

後見人を自分で選びたい人は任意後見制度を活用しましょう。
 

 

任意後見契約とは何かを分かりやすく解説

任意後見契約の流れ、費用、メリットとデメリットを紹介します。
 

未成年後見制度について

未成年後見人の仕組み、遺言での指定方法

未成年後見人の選任方法は遺言での指定と裁判所に対する請求の二つがあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です