不動産登記の手引き【保存版】|不動産登記に関する疑問を全て解説!

こちらの記事では不動産登記についての記事を一覧でまとめさせていただいています。

どうしても、相続の際には登記名義の変更手続きが必要になってしまいます。
一連の登記手続きについてこちらかご案内いたします。
 

不動産登記の種類について

不動産登記はその種類が幾つかあります。
 

  • 家を建築した時など、登記を初めて作るときの表題(表示)登記

 

  • 家の所有者が誰か、初めて所有者を登記する保存登記

 

  • 売買や贈与などによって所有者が移転したときの不動産所有権移転登記

 なお、相続による所有者が移転したときの登記を相続登記といいます。
 

  • 建物を取り壊したときの滅失登記

なお、これらの不動産の登記のことをまとめて不動産登記といいます。

これは、会社の登記などと区別するための名称で、会社の登記などは別に商業登記といいます。

また、不動産の登記には、土地登記と建物登記があります。

 

建物登記について

既述の通り、建物の登記といっても、表題登記、保存登記、所有権移転登記、滅失登記とあります。

それぞれが、目的が異なるために、必要書類が異なってきます。

建物登記の必要書類のまとめ
 

相続登記について

相続登記は、相続を理由に行う手続きですから、通常の所有権移転登記とは手続きの内容も異なります。

ですから、準備する書類も自ずと異なってきますが、こちらの記事にまとめさせていただいています。

相続登記の手続き方法まとめ

相続登記申請書の書き方・書式(ひな形付き)

 

不動産登記の費用について

不動産の登記については、登録免許税という登録費用がかかります。
こちらの記事では、費用についての解説を行っております。
 

不動産登記費用の相場をわかりやすく解説

所有権移転登記の費用はいくらかかるかのまとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です