menu

相続の専門家を検索

土地を借りている場合(借地権)の相続税評価額の計算方法

相続税計算 2015年12月4日 閲覧数:895
土地を所有していない場合でも、借りることで家を建てることができます。この場合の賃貸借契約上の権利を借地権といい、これもまた相続の対象となります。(詳しくは借地権の相続
この場合の相続財産としての評価方法はどのようになされるのでしょうか。

借地権の評価方法

借地権の価額は、更地と仮定した自用地としての評価額に借地権割合を掛けて求めます。

更地と仮定した自用地については、「自宅の土地(宅地)の相続税評価額の計算方法」を参考にしてください。

借地権割合は国税局が定めるもので、その基準は事情の似た地域ごとに定めるもので、土地の価格が高いほど高く設定されます。

割合は国税庁のホームページから調べることができます。

借地権が定期借地権の場合は?

この場合は、原則として借地人に帰属する経済的利益と存続期間をもとに評定した価額によって評価するのが原則です。

ただし、定期借地権等の設定時と課税時期とで、借地人に帰属する経済的利益に変化がないような場合等、課税上弊害がない場合に限り、こちら(国税庁ホームページ項目3)にある計算式で算出をします。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「相続税計算」に関する他の記事

「相続税計算」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.